17.6.20 湯河原

A33R6868_20170620192143001.jpg

今日は湯河原へ東海道貨物を撮影してきました。
A33R6868_20170620192143001.jpg
5075レ EF200-20+コキ**両 《真鶴~湯河原 13:33》 135mmアングル

AY0W7098.jpg
5075レ EF200-20+コキ**両 《真鶴~湯河原 13:34》 50mmアングル

A33R6904.jpg
3075レ EF64 1003+コキ**両 《真鶴~湯河原 13:56》

AY0W7140.jpg
3075レ EF64 1003+コキ**両 《真鶴~湯河原 13:57》
せっかくの晴れ予報とのことで以前から気になってた湯河原へ出向いてみる。
標準と中望遠で撮影したと思われる作例が上がっていたので、今回は2台体制で撮影することにした。
今年の2月にサブのカメラを購入したが、本来想定していた使い方がようやく出来ることになりました。

東京は青空でしたが、下り列車の車窓を覗いてみると段々空が真っ白に、現地では日も差さない状態に。
せっかくここまで来て引き返すのも勿体無いので、下見を兼ねて撮影することにした。
駅からは徒歩30分弱程の場所ですが、普段運動していないので登り坂はちょっと辛い。
日が差してないおかげで気温が上がらなかったのが救いでした。

列車待機中には太陽が見え隠れしましたが、結局お目当ての列車が通過する頃にはドン曇り。
湯河原駅に戻った頃には青空と太陽が顔を見せて益々癪に障る(とは言っても海は綺麗に出ていなかったが…)
先日の古河でもそうでしたが、こうまで天気に振り回されると撮影意欲の維持が難しい。

ここのシーズンは夏至から一ヶ月前後くらいだと思われるので、梅雨明けした時にでもまた来ることに。
今回は慣れない俯瞰撮影でしたので構図も含め色々試行錯誤の連続。今度こそは納得出来る写真を!
撮影後に日帰りで入浴できる温泉も調べて置いて楽しみを増やしておこうかな(^_^;) 当記事のジャンル:鉄道 
関連記事
※写真の著作権は撮影者に帰属します。画像のコピー、転載、二次加工は禁止します。
back-to-top